レディー

魚群探知機の超音波で魚を捕獲しよう|漁師を全力でサポート

プロに依頼

ヘルメット

店舗やオフィスで用いられている天カセや天吊りの業務用エアコンは、定期的にメンテナンスする必要があります。業務用エアコン掃除のプロに依頼すれば、外部だけでなく内部も取り外しして汚れを除去してくれます。

View Detail

画期的なリサイクル活動

作業者

建設発生土のリサイクルに用いられる土質改良機は、環境に優しくて経済的な特殊機器です。最近はESR工法が主流で、あらゆる現場に対応していることが大きなメリットです。

View Detail

海で活躍

魚群

魚群探知機を使うことで飛躍的に変わった漁業は、多くの関連会社にとってプラスになったことでしょう。今まで行なわれてきた漁業は、長年培われてきた漁師の感や天候などが頼りでした。しかし、魚群探知機を使用することで、見えない海の中にいる魚群を発見して捕獲することができるようになったから便利になったわけです。
ただ、「どうして魚の群れが魚群探知機のレーダーで分かるのか?」と、このような疑問を持たれている人もいるはず。これは魚群探知機の超音波が船底の振動子から伝わり魚群をキャッチします。この魚群が超音波を反射し、その距離や時間よってどの位置にいるのかを特定することができるようになっているから特定できるのです。

魚群探知機は、基本的に海で使用されることが多いです。そのため、超音波の設計は秒速約1,500mで設計されていて反射速度で位置の特定に役立てられています。ただし、この速度の見方には注意事項があり、海水と淡水には超音波の秒速に違いがあることを念頭に置かなければなりません。大きな差はないにしても、魚群の位置が少しずれると仕掛けの範囲がズレます。これにより、本来捕獲できるはずのものができない状況を生んでしまうため、十分気をつけないといけません。ただ、魚群探知機自体は海水モードと淡水モードの切り替えができるものがあるので、これを間違えず使用すれば魚群を探知する精度が増します。
また、ボートのエンジンを使用した状態で使うと、その振動と気泡で誤動作を起こす可能性があります。ここは使用時に注意をするだけで解消できるので、ボートの状態を確認してから使用しましょう。漁師を全力でサポートしてくれます。

安全対策の徹底

後ろ姿の作業者

特殊機械であるクレーン車は、自主点検から法定点検までさまざまなメンテナンスが必要です。また、そのチェックした内容は記録することが求められるので、必ず確認しておきましょう。

View Detail